staff

監督松居大悟Matsui Daigo

1985年生まれ。福岡県出身。
劇団ゴジゲン主宰、全作品の作・演出・出演を担う。2009年、NHK『ふたつのスピカ』で同局最年少のドラマ脚本家デビュー。2012年に『アフロ田中』で長編映画初監督。その後、『スイートプールサイド』、『自分の事ばかりで情けなくなるよ』など作品を発表し、『ワンダフルワールドエンド』でベルリン国際映画祭出品、『私たちのハァハァ』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2冠受賞、『アズミ・ハルコは行方不明』は東京国際映画祭・ロッテルダム国際映画祭出品。近年は、中高生の一ヶ月間を74分ワンカットで撮った『アイスと雨音』、池松壮亮主演『君が君で君だ』など、枠に捉われない作風は国内外から評価が高い。また、テレビドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズの監督、ラジオナビゲーター、5月刊行「またね家族」(講談社)で小説家デビューを果たすなど活動は多岐に渡る。

脚本佐藤 大Sato Dai

1969年生まれ。
19歳の頃、主に放送構成・作詞の分野でキャリアをスタートさせる。その後、ゲーム業界、音楽業界での活動を経て、現在はアニメーションの脚本執筆を中心に、さまざまなメディアでの企画、脚本などを手がけている。2007年「ストーリーライダーズ株式会社」を代表取締役として設立。主な脚本代表作に、TVアニメ『永久家族』『カウボーイビバップ』、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX シリーズ』、『ウルフズレイン』、『サムライチャンプルー』、『交響詩篇エウレカセブン』、『エルゴプラクシー』、『FREEDOM』、『バトルスピリッツ 少年突破バシン』、『東のエデン』、『LUPIN the Third ―峰不二子という女―』、『超速変形ジャイロゼッター』、『スペース☆ダンディ』、『怪盗ジョーカー』、『ドラえもん』。映画『CASSHERN』。TVドラマ『ノーコン・キッド ぼくらのゲーム史(テレビ東京)』、『闇の伴奏者(WOWOW)』。ゲーム『エースコンバット3 エレクトロスフィア』、『バイオハザード:リベレーションズ シリーズ』、『エクストルーパーズ』など。本年は、TVアニメ『LISTENERS』(2020年4月放映)、劇場アニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』(2020年5月15日上映)、『さよなら、ティラノ』(2020年初夏上映予定)などの公開を控えている。

主題歌小山田壮平Oyamada Sohei

1984年生まれ。福岡県出身。
2007年、バンド「andymori」を結成しギターボーカルとして都内のライブハウスを拠点に活動を開始する。翌年、結成1年にして1st EP 「アンディとロックとベンガルトラとウィスキー」リリース。コアな音楽ファンの間で多くの反響を呼び、精力的に全国ツアーやライブ活動を重ねる。2009年、1stアルバム「andymori」をリリース。2010年に発売した2ndアルバム「ファンファーレと熱狂」で第3回CDショップ大賞を受賞。2011年、3rdアルバム「革命」、2012年、4thアルバム「光」 2013年に5thアルバム「宇宙の果てはこの目の前に」をリリース。2014年10月「andymori」解散。11月、レーベルSparkling Recordsを設立。2008年頃から楽曲制作やライブを行っていたシンガーソングライター長澤知之のプライベートプロジェクトに元「andymori」の藤原寛と後藤大樹が加入し、2015年7月にバンド「AL」として正式に活動をスタート、ギターボーカルを担当。2016年4月に自主レーベル・Revival Recordsから1stアルバム「心の中の色紙」をリリース、2018年1月には2ndアルバム「NOW PLAYING」をリリース。またソロ活動では、2015年に作詞家の松本隆作詞家生活45周年を記念して発売したトリビュート・カバーアルバム「風街であひませう」に楽曲「SWEET MEMORIES」で参加。2016年より自身のソロ弾き語りツアー等も精力的に行なっている。

5.15(金)熊本 先行公開!
5.22(金)シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー