#ハンド全力

映画『#ハンド全力』
#HAND OVER to KUMAMOTO について

映画『#ハンド全力』は熊本でオールロケをしました。熊本国府高校の皆様や、益城町テクノ団地仮設住宅の皆様はじめ沢山の方にご協力頂き、出演もして頂いて、一緒に創り上げた作品です。

物語は2016年の熊本地震から3年後、家が倒壊し、仮設住宅住まい、部活のハンドボールもできなくなり、親友も県外へ引っ越し、当たり前の日常が一瞬で無くなったことで、何かにひたむきに頑張る気持ちを失くし無力感にとらわれた主人公の現在から始まります。映画は、そんな主人公が再び仲間と出逢ってハンドボールと向き合うことで、「どうにもならないこと」を「どうにかするんだ」と思い、前向きに生きていく様を描いています。

撮影所を持たない我々インディペンデントの映画撮影隊は、ロケ地の「天地人」の恵みによって作品を支えられています。一度撮影でおじゃました場所は、すべての役者・スタッフにとって「にばんめのふるさと」です。7月初頭からの熊本や全国各地の大雨による甚大な被害を見て、なにかせずにはいられないと思いました。

地震、コロナ禍、異常気象による災害…理不尽な災いに対し、私達にできることは少ないけれど、少しでも力を合わせたい、と思います。

そこで、皆様からいただいた映画鑑賞券料金と映画物販売り上げの一部を、適切な団体を通じて(現在選定中です)、熊本をはじめ全国の大雨被害に遭われた方々にお届けすることにしました。一日も早く、沢山の方に、当たり前の日常と笑顔が戻ることを祈っております。

2020年7月14日
「#ハンド全力」製作委員会
キャスト&スタッフ一同

皆様から頂いた映画鑑賞料金の一部は、
適切な団体を通じて、
熊本をはじめ大雨被害に遭われた
全国の方々へ届けさせて頂きます。
ありがとうございます。

予告

7/24(金)熊本先行
7/31(金)シネ・リーブル池袋、イオンシネマほか全国ロードショー‼